1. HOME
  2. ブログ
  3. 《機材紹介》プロ用ガンマイクの定番!『ゼンハイザー』

《機材紹介》プロ用ガンマイクの定番!『ゼンハイザー』

SENNHEISER MKH-416「MKH 416-P48U3

放送業界・動画制作業界・映画業界など様々な現場で使われている、業界の超定番ショットガンマイク、MKH416を導入!

ロケの時はガンマイクは必須!といっても過言ではないので、これまでもいろいろなマイクを使ってきたが、やっぱりゼンハのMKH-416は「超指向性はダテじゃない!」のお手本のようなマイク。

SENNHEISER-MKH-416-P48

狙った音を的確にとらえ、周囲の音は気にならない程度に自然に聞こえてくる、それでいて、狙った音は音声として、しっかり成分が含まれているので人の声が聞き取りやすくい
歯触りならぬ「耳触りがよい音」として、実によくまとまっていて良質な音を提供してくれる。

さて、ここからはちょっと余談なのだが、私がテスト視聴した他のガンマイクについても少し触れておきたい
(あくまで私の私見)

A〇dio-T〇chnicaさんのマイクも使ってみたが、鋭すぎるというか狙いすぎというか、、、
高音質をうたっているのはわかるが、個人的には「耳触りがよくない」音として聞こえてしまう。
スペックは高いマイクなのに、でも、スペックだけでは人間の耳は、心地よく思ってくれない
この辺りが音の世界の難しいところだ。

その他、各メーカーから発売されている、流行のプラグインパワーのマイクも聞いてみたが、こちらはプロの現場では使えない~
その差は、MKH416と聞き比べると明らか
(MKH416と比べるのは価格的にも比較にならないので、かわいそうなのだが、、、)
各社頑張っているのだが、声の芯がスカスカでノイズが立ってくるのがはっきりと聞こえてしまうのだ。

そんな中、同じSENNHEISERから、3.5mmミニプラグ対応のガンマイクMKE600がリリースされた。
価格は、MKH416の、3分の1程度、、、
私自身、3.5mmミニプラグ対応マイク、イコールコンシューマー向けというイメージだったのでまったく期待していなかったのだが
実際に音を聞いてみると “アラ以外!!”、、、
なかなかいい音が聞こえてくるのだ!、っていうかプロの現場でも使えるレベル!!
もっというと、高音のヌケは、かえってこちらのMKE600の方が解像度が高いかも!!

さすがSENNHEISER!!!

ということで、MKE600は、一眼・ミラーレスタイプなど、XLR入力を持たないカメラで撮影する方には最適なマイクだと確信!
しかも、XLRにも対応するので、MKH416に手が届かないユーザーも、品質的にはこれと同等の音を安価に手に入れることができる
これから映像を始めていと思っている方や、どんなマイクを買ったいいのかわからない方に、是非おすすめしたいマイクがMKE600だ。

SENNHEISER-MKH-416-P48

ということで、今回は、プロの現場で使われているSENNHEISER MKH-416をご紹介した。
また、一眼などに直接ガンマイクを入れたい場合は、MKE600もかなりおすすめ!

AMSは動画撮影の依頼はもちろん、機材レンタルも承っております!
4K撮影はもちろんサラウンド・ハイレゾ録音のクオリティについても高い評価をいただいていおります。

TEL 0997-58-8702(月~土 10:00-19:00)

関連記事